お洒落な部屋

壁紙の耐久年数と長持ちさせるコツ

家を新築して綺麗なクロスにしてもいつかは汚れて悪くなってしまいますよね。では実際にクロスはどのくらいで貼り替えをしなくてはいけないのでしょうか?今回、クロスの耐久年数と長持ちさせるコツについてご紹介します。
まずクロスの耐久年数は一般的に5~10年と言われています。しかし使用状況や思いがけない事故などもあるため一概には言い切れません。出来るだけクロスを長持ちさせるためには次のようなことがおすすめです。
【1.部屋の湿度を一定に保つ】
クロスを長持ちさせるには湿度を一定に保つことが重要です。湿度が高いとカビや結露が発生してクロスが汚れてしまいますし、反対に乾燥しているとクロスが縮んで壁から剥がれたり継ぎ目が離れたりします。夏の除湿や冬の加湿を十分に行い常に一定湿度を保つとクロスは長持ちします。
【2.汚れはすぐに拭き取る】
クロスについた汚れは時間が経つにつれ落としにくくなってしまいます。ですから汚れに気づいたらすぐに拭き取るようにしましょう。また最近では汚れがつきにくく落ちやすい機能性壁紙もあるのでそちらを選択するのも良いでしょう。
【3.継ぎ目は補修する】
もし壁紙の継ぎ目が剥がれているのを見つけたらホームセンターで売っているコーキング剤で補修しましょう。早期に補修すれば剥がれの拡大を防ぐことができます。

UPDATE CONTENTS

POST LIST

Top