お洒落な部屋

こんなに多い!クロスの貼替えの失敗例

お部屋のイメージを変えたいとクロスの貼替えをする場合がありますが、実は驚くほど失敗した例があります。特に最近は自分で作業をするという方も増えてきたため失敗したという方が多くなっているようです。
失敗例としては、まず隣のお部屋の壁紙の見栄えがとても悪くなってしまったというケースです。出来るだけ隣の部屋の壁紙と色合いを似せなくてはカラーバランスに統一性が無くチグハグになってアンバランスな印象を生んでしまいます。次はクロスの糊が乾く前に触ったことでシワがついてしまったというケース。いくらキレイに貼ろうとしても自分でやる場合にはデコボコに見えてしまう箇所があるもの。そこを直そうと指で押すとよりシワが大きく広がってしまうなんていうことは素人施工のよくある失敗です。
最後は同じような色合いのクロスを選んでしまったことで、リフォームする前とあまり変わらなくなってしまったというケース。無難に無難にと思うあまり、結果クロスの貼替えをしたのかさえ見分けがつかなくなってしまいます。せっかくですからイメージチェンジできる壁紙を選びましょう。
このように、多くの方がクロスの貼替えに失敗してしまっています。ぜひプロに相談してクロスの貼替えは専門業者に依頼するようにしましょう。ネットから依頼も出来ますし、格安業者も増えていますのでぜひチェックしてみてください。

UPDATE CONTENTS

POST LIST

Top